同人誌印刷所 K9(K-NINE) のブログです

K9スタッフ日記

入稿データのポイント(1)

2016年02月11日

こんにちはK9受付担当Yです。
最近ブログやツイッターは他の担当者にお任せ気味ですが締切のご相談とか、
データ不備時のご連絡とか、主に緊急時にお話させて頂くことがメインとなっております。

 

『はじめて割』や『LOVE割』等色々な企画を始めてから新規のご発注を頂く機会も増え、
また新たに同人誌を作成しようとされる方からもご質問を頂く回数が増えました。

 

データの作成方法については弊社HPにも記載しており、
基本的は上記に準じますが必ず【こうでなければいけない】という事はなく、
印刷可能なポイントさえ理解していれば多少イレギュラーでも問題ありません。

 

例えば「トンボ」。
刷版から印刷・製本を行うため工程上は必須ですが
ご入稿頂いたデータはチェック後に別途面付作業を行いますので実は
【入稿データとしてはトンボがあっても、なくても、問題ない】のです。

 

コミックスタジオ・クリップスタジオの出力は
「ページ全体」でも「断ち落としを含む」でもどちらでも対応可能です。
(※「トンボの内側まで」はNGです)
他の画像ソフトで「原寸+塗り足し」で作成されても問題ありません。
原寸+塗り足しサイズ(解像度)が正しいことが前提ですが
「ページ全体」と「断ち落としを含む」サイズが混ざっていても対応可能です。

 

ただ、なんでも良いよとなると逆に不安になるのもまた人の心理でして、
ここで出てくるのがテンプレートです。
貼り付けるだけの安心感ですね。

 

なお、他社様のテンプレートをご利用頂いてもまったく問題ありません。
途中から締切に間に合わない!と思っても、どうか気になさらず、そのまま流用可能です。
最終的に面付すれば同じデータに変わりありませんから!
編集時にファイルのサイズそのものを変更してしまわないようにだけご注意ください。

 

「トンボ」を必ずつけて頂く必要があるのは
他社様で印刷された口絵や表紙を持ち込みされるケースです。
これはつけて頂かないとどうしようもない状態になりますが持ち込み自体が上級者向きですので
そんなに心配しなくても大丈夫という印象です。

 

あと「トンボ」は任意ですが「塗り足し」は必要です。
必須です。ないと本に余白が出ます。
(※上下左右の断裁部が余白になっている小説や四コマなどはOK)

 

「塗り足し」のお話はまた次の機会にざっくりと。
データ作成に不安を感じる場合は事前にサンプルデータを準備してご相談ください。
折り返し私の方からご返信いたします。

春コミ合わせで初めての同人誌、という方も是非。皆様のご入稿お待ちしております!

 

 

Potsunenと。

2016年02月10日

こんにちは、K9受付担当モツです。
今日はごろ合わせでニットの日や、左利きグッズの日、ふとんの日など、
色々絵のネタに出来そうな記念日が揃っていますね。
そんな中、私がピン!と来たのは「観劇の日」。
明治44年に帝国劇場が完成したのを記念して定められたそうです。
そんな観劇の日にちなんで、今日はDVDで見られるおすすめ舞台作品をご紹介します。
 
Potsunen 『ポツネン氏の奇妙で平凡な日々』
ラーメンズで有名な小林賢太郎さんのソロ公演、Potsunen最新作です。
Potsunenは手品や映像、パントマイムなど様々なパフォーマンスと表現技法を
ミックスした、「とにかく見てみないと言葉では表せない」独特の舞台作品。
本作は元々パリ公演のために書き下ろされたもので、オリエンタルな雰囲気を持つ
愉快だけど少し不思議で切ない、ストーリー性のある仕上がりになっています。
私は最初劇場で見たのですが、それでも何度でも繰り返し見たくなる素敵な作品です。
 
Potsunenはこれまでにもシリーズがあり、旧作ならレンタルショップにも
置かれていることがあるので、その不思議な世界を体験してみてはいかがでしょう?
 
もっともっとご紹介したい作品があるのですが、
ついつい熱弁を振るってしまいそうなので今回は一作だけ。
また何かの機会にピックアップしておすすめしたいと思います。

ウイ・ラブ・キャラクターグッズ

2016年02月08日

 

こんにちは、K9の中の人2号です。

昨日は京都のシンデレラステージに行ってきました。
いろんな人に会い、久々にたくさんアイマスの話ができたのですが、そこで
「sideM山梨県コラボグッズが、普段使いしやすそうなデザインですごくいい」
と、何人かの話題に上っていました。

「アイドルマスター SideM×山梨」特設サイト

 

キャラクターグッズといえば昔から、キャラクターの絵が大きくプリントされており
大人が使うには少々…というものが多かったのですが、
最近はワンポイントに模様が入ったもの等、おしゃれなものも増えてきて喜ばれています。
刀剣乱舞のものなども、和柄や刀紋等のグッズが多くて良いですよね。

好きな作品やキャラクターを示すものを、ひとつくらいは身に着けていたい。
皆にわかってもらう必要はないが、仲間にだけはわかってほしい、みたいな。
きっとこれはアイデンティティの問題なんですね。

 

逆に同人イベントで頒布されるグッズ類は、
キャラクターの絵を大きく扱ったものが主流です。
なぜなら皆さんの素敵なイラストが主役だからですね!
K9では現在、常設のグッズメニューはありませんが、実現に向けて検討を続けています。

とりあえず期間限定ですが、特典にポストカード/ポスターがつく【超早割】や
特殊紙しおりが特典に選べる【スプリングフェア】、
あるいは【名刺】などはいかがでしょうか?

それでは、また。

 

 

ページ上部へ